タテさんと板さん(笑

もう11月の第三金曜日。

そう第三金曜日と言えばこのかた、第三の金曜日タテタカコさん。

先月先々月と足を運ぼうと想いながらナイトweddingで行けなかった。
今日も微妙に終わりが八時くらい、行けるかな〜なんて頭の片隅にあった。

すると私の尊敬するデザイナー板垣さんから電話。
久しぶり〜どしたの〜、と聞いたらなんと今日タテタカコさんとセッションをすると言う...

そら行くっしょあ〜た(www


d0196560_048051.jpg





披露宴も終わり慌ててライブ会場へ。
もう終わりかけてたかな〜と思って行くと会場は明るく
転換中の様子。板さんをすぐに発見、今からタテさんのライブですと。

座ってすぐに暗転、久しぶりに見るタテタカコさん。
ステージの後ろにはアラバキでずっとデザインしている板さんの新作。
徹夜で作ったっす、と言う東北六県の垂れ幕。


d0196560_0504896.jpg

そして相変わらず情景が浮かんでくるタテさんの力強い歌。
最近仕事はとても順調だしストレスも全く無いのだが
ボランティアに行けてないのがとても心残りだった。
八月のライブを思い出しながら贅沢にもタテさんの生声をBGMに色々想いを巡らせた。
このとき来てくれたmarikoさんはその後私は福島を応援すると言ってくれた。
先日来た関川さんもそうだ。みんな宮城だけでなく被災し先行きが見えない人たちを
思ってくれている。
タテさんの歌で夕日を思わせる歌のとき牡鹿半島の綺麗な夕日を思い出していた。
友人小西さんは何度も何度も牡鹿に足を伸ばし、
和歌山や新潟など台風の被害が有ればすぐに飛んで行きボランティアをしてくれている。

私はあれから本業が完全に戻って来たと言うより反動で過去の忙しさが緩いと感じるくらい
繁忙期を迎え過ごしている。

その忙しさを理由に暇になる冬の時期を見越して被災地のことはちょっと後回しにしてた。
でもそれがやはりどこかでしこりになっていた。
アラバキの前に板さんに会ったときも震災の後なかなかボランティアなどで
皆のお手伝いを出来ない事で板さんは苦しい心境を吐露し苦しんでいた。

でもこうして東北六県のシンボルをデザインしステージに飾られてるのを見て
あの震災で多くの物を失った東北、そして日本が元気にならないかな、と
タテさんの歌とこのデザインを見ながら思い考えさせられた。


d0196560_133415.jpg
いやがる板さんをぱちり。アラバキファンの皆さんこの人が全ステージデザインしている凄腕デザイナーなんですよ(w

d0196560_144989.jpg

タテさんの歌の合間に話す内容は面白くて今日のもう一人のゲスト仙台さんだそうです。
(仙台四郎のことかな・・・)
寒そうだから暖かいカッコウさせて車でシートベルト着用で来たといってました。
以前職務質問を受けて車の中を見せろと警察の方にいわれドアを開けたら
仙台さんが鎮座してて警察の方大声を上げてびっくりしたそうです(www

お元気そうでお会い出来て本当に良かった。

今日は朝から現像に昼寝して撮影に、そして〆はライブ。

こんなに充実した日も久しぶり。

歌の力デザインの力、人の力に今日は改めて感動しました。
板さん電話ありがとう。

今日は良い夢見て明日の撮影に挑もう。
by nu4602 | 2011-11-19 01:22 | 仲間 | Comments(0)
<< 前進。 枯れ葉。 >>